夜間頻尿 原因

夜中に何度もトイレに行きたくなる・・・夜間頻尿の原因とは?

夜中に何度も尿意をもよおす夜間頻尿って中高年に多いと言われますが、一体何が原因なんでしょうか?夜間頻尿の原因や対策方法について詳しく解説します。夜間頻尿で悩んでいる人、必見です。

夜間頻尿とは

夜間頻尿とは、夜間に排尿のために目が覚める症状のことで、中高年に多いようです。
40歳以上では、夜間に1度以上排尿で起きる人は、約4500万人にものぼるとか・・。

加齢とともに排尿で起きる頻度が2度3度と高くなっていくという夜間頻尿ですが、原因は人によって違います。

夜間頻尿で夜ぐっすり眠れない・・そんな人は、内分泌疾患が原因で多尿になっている可能性も・・。
病院へ行って、夜間頻尿の原因を調べてもらいましょう。

夜間頻尿の原因

夜間頻尿の原因は、人によって異なりますが、多尿、睡眠障害、膀胱の容量の減少に分類されるそうです。

夜間頻尿で多尿になってしまう原因としては、水分の摂り過ぎや内分泌疾患、高血圧、睡眠時無呼吸症候群などが考えられるそうです。

睡眠障害の場合は、眠りが浅く何度も目が覚めそのたびにトイレに行くという習慣的なものが夜間頻尿の引き金になってしまうことも。

それから、膀胱容量が小さくなってしまう原因としては、過活動膀胱や膀胱炎、前立腺炎、老化などで、原因が全く分からない場合もあるそうです。

夜間頻尿が気になる場合は、その裏に隠れている疾患を見つけるためにも、なるべく早く病院で診断を受けるようにしましょう。

夜間頻尿の対策法

夜間頻尿の対策法は夜間頻尿の原因によって異なるため、夜間頻尿の適切な対策法が知りたいなら、なるべく早く病院でその原因を調べてもらいましょう。

心疾患や腎機能障害、高血圧、睡眠時無呼吸症候群などが原因となっている場合には、こうした疾患を治療することが重要です。

また睡眠障害による夜間頻尿の場合は、生活リズムを改善することが大事です。
それから過活動膀胱の場合は抗コリン剤の服用が有効です。



PAGE TOP