頻尿 心因性

ちょっと緊張するだけでトイレに・・・心因性の頻尿について解説!

ちょっと緊張するだけで、すぐトイレに行きたくなってしまう・・。そんな心因性頻尿ってストレスが原因なんでしょうか?心因性頻尿の原因や対策方法について、詳しく解説します。

心因性頻尿とは?

心因性頻尿は、体には何も異常がないのに、ストレスなどが原因で、1日に何度も尿意をもよおしてしまう症状のことです。

心因性頻尿は、一度必死に尿意を我慢しなければいけない記憶が残ると、その記憶が定着して、予期不安となって習慣化してしまうこともあるそうです。

人によって心因性頻尿の原因は様々ですが、失敗や不安といったマイナス要素と深く関わりがあることは確かなようです。

心因性頻尿の原因

心因性頻尿の原因は、仕事などでの失敗、家庭不和、対人関係におけるストレス、予期不安などが原因となって起こることが多いようです。

心因性頻尿は、20代~40代の女性に多い症状で、尿意を気にしないようにしようと思っても、逆にそのことで頭がいっぱいになり、逃れられなくなってしまうことも。

心因性頻尿を改善するには、専門医に診てもらうのが一番なので、心療内科か精神科を受診しましょう。

心因性頻尿の対策方法とは?

心因性頻尿の対策方法としては、行動療法が有効です。

トイレに行きたい!と思った時、しばらく我慢してみて、我慢できたら自分を褒め、我慢できる時間を伸ばしていく・・という方法です。

こうしてトイレを我慢できたことに対して自分を褒めてあげれば、ストレスも感じず、心因性頻尿に対する不安も消えていくはずです。

心因性頻尿は精神的な不安やストレスが原因なので、リラックスしたり、安心できるよう、考え方を切り替えていくことが重要です。



PAGE TOP